お子様の治療について

何でもお気軽にご相談ください

子どもは、単に大人を小さくした存在ではありません。生まれてから、だいたい体重が25kgくらいになるまでの小児期は、成人と比較すると、体の機能にかなりの差異があります。
構造的には、子どもの耳・鼻・のどの管は短かったり、耳管の傾斜がほぼ水平だったりするため、大人以上に器官同士の相互関係が深いのが特徴です。ですから、鼻水が出るから鼻だけを診ればいいかと言うとそうではなく、耳・鼻・のど全体を診察し、その上で適切な処置をすることが大切になります。
当院では、子どもによく見られる中耳炎、扁桃炎、鼻炎などから難治性疾患に至るまで、様々な耳鼻咽喉科領域に対応いたしますので、何でもお気軽にご相談ください。

耳、鼻、のどの病気のチェックポイント

耳については、遊びの感覚でよいので、ささやくように背後から声をかけて反応をみて、耳の「聞こえ」が悪くないか、注意してあげてください。
鼻やのどについては、寝ている時の呼吸状態に気をつけてください。普段の生活では気づかなくても、睡眠中に鼻呼吸に問題があると、口を開けた状態で呼吸をしており、いびきをかくことが多くなります。
粘っこい鼻水が出ており、口で息をしているようなことがあると、耳に影響して中耳炎になっていることがあります。
保護者の方に日頃気をつけてほしい子どもの症状を以下に記しておきましょう。

お子様のこんな症状に注意しましょう

  • 耳の聞こえが悪い
  • 最近テレビの音量が大きい
  • よく聞き返す
  • 耳を痛がる
  • 耳をよくさわる
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりが続く
  • 鼻声になっている
  • よく鼻血を出す
  • のどを痛がる
  • 咳、痰が続く
  • 扁桃が大きい など

子どもに多い耳鼻咽喉科の疾患

急性中耳炎

最も一般的な中耳炎で、生後6ヶ月~5歳くらいまでの子どもに多くみられます(小学校に入学する頃には、耳管(中耳と咽頭をつなぐ管状の器官)が細長くなるので、中耳炎を起こしにくくなってきます)。原因のトップは風邪で、耳管を通じて中耳(鼓膜から奥の小空間)に細菌やウイルスが入り込み、急性の炎症が生じて膿が溜まります。特に赤ちゃんの耳管は太くて短いので、鼻やのどのウイルスや細菌が容易に中耳まで入り込んでしまいます。黄色い鼻みずを出しているような時は、よく注意してあげましょう。

症状
ズキズキする激しい耳の痛み、発熱、耳だれ(耳漏)、耳がつまった感じ、などがあります。乳児などでは言葉で痛みを訴えられないために、機嫌が悪くなってぐずったり、しきりと耳に手をやったりします。夜泣き、ミルクの飲みが悪いなどの様子が見られることもあります。
検査
耳鼻咽喉科医が鼓膜を見て、鼓膜が赤かったり、腫れていたりすることを確認します。
治療
軽症の場合は抗生物質や消炎剤などの服用や、炎症をやわらげる薬液を点耳することで治療します。膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく、痛みが強い時や、熱が高い場合は鼓膜を切開して、溜まっている膿を排出します。鼓膜の切開により、耳が聞こえなくなるのではないかと心配なさる保護者の方も少なくないようですが、鼓膜はすぐに再生するので、聴力に問題が生じるようなことはありません。切開して膿を出したほうが、痛みや熱が早く取れ、治りも早くなります。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中耳腔(鼓膜の内側にある空間部位)に滲出液という液体が溜まる疾患です。液体はサラサラしたものから、粘り気のあるものまで様々です。子どもでは、粘り気のある液体が溜まることが多く、聴力の低下も現れがちです。子どもに多い病気ですが、成長するにつれて次第に起こらなくなってきます。

症状
難聴が唯一の症状であることも少なくなく、耳の痛みは伴いません。そのため気づくのが遅くなってしまうこともしばしばです。幼稚園児や小学校低学年児の難聴の大部分は滲出性中耳炎が原因です。放置すると、言葉の遅れが生じたり、教師の言うことが聞き取りづらくて勉強が遅れたりします。
検査
鼓膜を観察すれば、ほぼ診断がつきますが、治療方針の決定のためには、聴力検査、ティンパノメトリー(鼓膜の動きやすさを調べる検査)、耳管機能検査、X線検査、内視鏡検査などが適宜必要です。鼓膜の落ち込みが激しいときは、真珠腫になっている疑いがあるため、CTによる検査が行われます。
治療
鼻から耳に空気を送る耳管通気(じかんつうき)という処置をしたり、鼓膜を切開して、中に溜まった滲出液を出したりします。症状を繰り返すようなら、鼓膜にチューブを入れる手術を行うこともあります。耳管の機能が良くなる小学中高学年までの気長な治療が必要になるケースもあります。

小児副鼻腔炎

小児の鼻の副鼻腔という場所に炎症が起きた状態です。治療が必要となるほどの急性副鼻腔炎は稀なので、通常は副鼻腔の炎症が慢性化したケースを小児副鼻腔炎と言います。

症状
鼻づまりと鼻みずがよくみられます。においがわからない、鼻みずがのどに回るなどの訴えはあまり聞きません。アデノイドの増殖やアレルギー性鼻炎が加わることがしばしばで、これが鼻づまりをさらにひどくさせ、いびきや口呼吸を招くこともあります。
検査
X線検査で副鼻腔の陰影を確認し、診断をつけます。アデノイドの増殖やアレルギー性鼻炎が合併しやすいため、これらに関する検査を同時に行います。
治療
ケースに応じて鼻みずの吸引除去、抗菌薬の投与などが行われます。

アレルギー性鼻炎

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ます。風邪と違って、のどの痛みや熱などは伴いません。最近では発症の低年齢化が進んでおり、子どものアレルギー性鼻炎も少なからずみられます。
アレルギー性鼻炎(通年性)の原因は、家の埃やダニの糞・死骸などです。ペットのフケやカビも原因となります。

症状
くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが、その3大症状です。子どものアレルギー性鼻炎の場合は、成人に比べて鼻づまりが多く、くしゃみが少ない傾向があります。また、目のかゆみや充血などの症状が、成人に比べて強く現れがちです。気管支喘息やアトピー性皮膚炎、副鼻腔炎、扁桃肥大などの合併症がよくみられるのも特徴的です。
検査
まずは、発症時期や症状の程度、家族のアレルギー既往歴などについて確認します。それから鼻鏡検査で鼻粘膜の状態をみたり、鼻汁中好酸球検査などを行ったりして、風邪との見分けをつけます。アレルギー性鼻炎と診断されると、原因となっている抗原を特定するために皮膚反応検査や血液検査、鼻粘膜誘発テストなどが行われます。
治療
アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかく家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなど、アレルギーの元にできるだけさらされないように環境整備をする(部屋をこまめに掃除する、余計な物を置かない、畳をフローリングに変える、など)ことです。その上で、抗アレルギー薬の飲み薬や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

扁桃肥大

のどは細菌やウイルスによる感染を起こしやすいため、その粘膜下には、リンパ組織が発達しています。この集まりを扁桃と言い、口蓋垂(のどちんこ)の両側に見える部分を口蓋扁桃と呼びます。この口蓋扁桃が通常よりも大きくなった状態が、扁桃肥大です。扁桃肥大を招く主な原因は細菌とウイルスの感染です。時に生理的に大きくなっているケースもあります。

症状
軽度なら自覚症状はありませんが、気道(鼻から肺までの空気の通り道)を狭くするため、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因となることがあります。また、口蓋扁桃が大き過ぎると、ものを飲み込む際に不快感や痛みが出ることがあります(嚥下障害)。
検査
専門医が診察をすれば、容易に診断がつきます。必要に応じて、睡眠時無呼吸障害の検査をすることがあります。
治療
急性扁桃炎(原因が細菌の場合)は抗菌薬や痛み止めなどの薬物療法が中心になります。長期間にわたって肥大・閉塞症状が持続したり、感染症を繰り返したりするようなら、手術で摘出します。

アデノイド増殖症

鼻の奥にある咽頭扁桃というリンパ組織が、通常よりも大きくなった状態です。アデノイドは3歳頃から増大し始め、6歳頃に最も大きくなり、幼小児期に働きが活発ですが、10歳を過ぎると急に小さくなります。通常はアデノイドの肥大は病的な意味をもたないのですが、時に肥大に伴って様々な症状の現れることがあり、アデノイド増殖症と呼ばれます。

症状
鼻腔と咽頭の間が閉塞することにより、鼻づまりやいびきなどの症状が現れます。乳児では、哺乳がうまくできなくなることもあります。口で呼吸するために、しまりのない顔つきになります(アデノイド様顔貌)。また、難聴になることもあります。注意力散漫、行動に落ち着きがない、などの症状も現れます。睡眠時無呼吸症候群の原因にもなりえます。
検査
ファイバースコープ検査やX線検査などにより、比較的容易に診断がつきます。
治療
アデノイドは年齢とともに萎縮し、通常は小学校高学年になれば自然に小さくなるので、症状が軽ければ積極的な治療は行いません。しかし、症状が強い場合には、薬物の効果はあまり期待できませんので、アデノイド切除術を行います。

扁桃炎、溶連菌感染症

急性扁桃炎は細菌やウイルスにより急性の炎症が起こる疾患です。
健康な人でも、扁桃にはもともと様々な細菌が潜んでいます。風邪ウイルスの感染や疲労がきっかけとなり、いつもはおとなしい細菌が悪さをして急性扁桃炎を発症します。
時に、溶血性連鎖球菌に感染することで急性扁桃炎や急性咽頭炎など(溶連菌感染症)を起こすことがあります。この場合は、リウマチ熱や急性糸球体腎炎、アレルギー性紫斑病などの怖い合併症を引き起こすことがあり要注意です。

症状
風邪のような症状(高熱や寒気、頭痛、全身のだるさ、関節痛)と強い咽頭痛が現れます。のどの奥を見ると、両脇が赤く腫れているのが観察されます。これが扁桃炎の特徴的な症状と言えます。
検査
視診により、多くは診断がつきます。ケースにより、血液検査や尿検査、細菌検査などが行われます。
治療
抗菌薬や消炎鎮痛薬、うがい薬などで治療します。安静や水分の補給も大切です。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

流行性耳下腺炎は、ムンプスウイルスにより耳下腺が腫脹する感染症です。片側あるいは両側の耳下腺の腫れや痛み、発熱、痛みに伴う食欲不振などがみられます。
感染経路としては、患者の唾液の飛沫を吸い込んだり、汚染されたものと接触したりして、鼻や口を通して鼻・咽頭部からウイルスを取り込むことにより感染します。
最も多い合併症は髄膜炎で、その他には髄膜脳炎、睾丸炎、卵巣炎、難聴、膵炎などを発症する場合があります。

症状
耳下腺や顎下腺の腫れや圧痛、飲み込む際の痛み、発熱などです。
検査
通常は症状から診断がつきますが、診断が難しい場合には、血液検査が行われることもあります。
治療
症状に応じた対症療法が中心となります。耳下腺炎のために食べにくい場合は、あまり噛まなくても済む、消化の良いものにしましょう。予防に効果的なのが、ワクチン接種です。任意接種ですので、希望する際は医師に相談しましょう。