顔・首の腫れものについて

頸部リンパ節炎

リンパ管は全身に張り巡らされていますが、その節々にリンパ節があり細菌感染などから体を守っています。
頸部にもたくさんのリンパ節があり、口腔や咽頭、喉頭からの細菌などの侵入に備えています。このリンパ節が炎症を起こして腫れた場合を、頸部リンパ節炎と言います。
多くは細菌感染による炎症ですが、ウイルス感染や結核などによる場合もあります。

症状
細菌の感染によるものでは、歯や口腔、咽頭、喉頭の痛みなどの先立つ症状があり、しばらくしてから頸部に痛みのある腫瘤を触れるようになります。多くは発熱を伴います。悪性腫瘍からくる腫れの場合は痛みが無いことが多く、硬くなって、しこりのようになります。
検査
血液検査や超音波検査、画像検査などが行われます。リンパ節の細胞を採る検査が必要になることもあります。
治療
消炎鎮痛剤などによる対症療法が主体になり、症状が強い場合はステロイドを用います。細菌性の炎症では、抗生剤の投与が必要です。

唾石症

唾液腺や導管(どうかん:唾液が出る管)の中に石(唾石)ができる疾患です。唾石は砂粒大の小さなものから数センチに及ぶものまで、大きさはいろいろです。
唾石の原因は導管の炎症や唾液の停滞、また唾液の性状の変化などです。

症状
ものを食べようとしたり、あるいは食べている最中に、唾液腺のある顎(あご)の下(顎下部)が腫れて激しい痛みが起こり、しばらくすると徐々に症状が消えていくのが特徴です。
検査
典型的なケースなら、口の中の視診や触診で診断がつきます。またX線検査、CT検査が有用です。
治療
小さな唾石は開口部から自然に流出することもあります。口腔底部の導管内にある唾石は、口の中で切開して唾石だけを摘出します。唾液腺の中にできたものは、腺体ごと唾石を摘出します。

唾液腺炎

唾液を作る器官(唾液腺)に炎症が生じた状態で、いろいろな原因で起こります。主な原因はウイルスや細菌の感染です。ウイルス性の代表的なものとしては、流行性耳下腺炎、いわゆる「おたふくかぜ」があります。唾液腺炎を発症すると、抗菌作用、粘膜保護作用、消化作用など唾液のもつ機能が低下します。

症状
炎症がある部分の腫れと痛み、口の中の乾燥、発熱、寒気、唾液の減少などがみられます。
検査
血液検査や画像検査(超音波検査、頭部CT検査など)が行われます。
治療
細菌性のものに対しては抗菌薬を用います。ウイルス性に対しては、全身的には安静と解熱薬の投与、局所的には冷湿布とうがいを行います。

唾液腺腫瘍

唾液腺に生ずる腫瘍は、耳下腺に最も多く、顎下腺および小唾液腺(口腔粘膜下にある唾液腺)がこれにつぎ、舌下腺に生じることは稀です。小唾液腺や舌下腺に生じた腫瘍は口腔内に症状が現れます。
一般に唾液腺に生ずる腫瘍は良性腫瘍が多いのですが、悪性腫瘍の場合もあり、特に舌下腺に生じたものには悪性のものが多いことが知られています。

症状
耳や頬、顎の近くや口の中に、しこりができます。食べ物の飲み込みや、口を大きく開けるのが行いにくくなったりします。顔の痛み、顔の感覚や顔の筋肉の麻痺(顔面神経麻痺)などが起こることもあります。
検査
腫瘍の状態を調べるための画像検査(超音波検査や頭部CT検査など)、血液検査、細胞診などが行われます。
治療
手術により摘出します。また、放射線治療や化学療法を併用することもあります。