鼻の病気について

こんな耳の症状はご相談ください

鼻はにおいを嗅ぐ機能だけでなく、呼吸器官としての大切な働きを担っています。鼻は肺や気管を守るために、吸った空気を十分に温め、加湿し、ウイルスや細菌、埃などの体内への侵入を妨害して、きれいな空気を肺に送り込むためのフィルターのような役目をしています。
次のような鼻の症状が現れましたら、早めにご相談ください。

  • くしゃみ
  • 鼻みず
  • 鼻づまり
  • 鼻がかゆい
  • においがわからない
  • 鼻や頬が痛む
  • 鼻血
  • いびき など

上記のような症状を招く代表的な鼻の疾患について、以下にご説明いたします。

急性鼻炎

鼻腔の粘膜に、様々な原因で炎症が生じた疾患が鼻炎です。そのなかでも急に発症し、短期の経過をたどるタイプを急性鼻炎と称します。急性鼻炎の多くは、いわゆる鼻風邪です。鼻や喉にウイルスや細菌が侵入して増殖し、炎症を起こした状態です。

症状
鼻づまり、鼻みず、くしゃみなどが一般的です。鼻みずは水っぽいものから、次第に粘ついたものに変わっていきます。細菌に感染してしまうと、黄色い鼻みずが多量に出ます。また、鼻以外の風邪症状、すなわち咳、たん、喉の痛み、発熱、頭痛、寒気、倦怠感、食欲不振などの症状が見られたりします。小児では、いびきが大きくなることもあります。症状が進行して、急性中耳炎や副鼻腔炎、咽頭炎などに至るケースもありますので、軽視せずにしっかり治療することが大切です。
検査
問診と鼻鏡所見(発赤腫脹)です。ケースによっては、鼻みずの検査(細胞診)が行われることもあります。
治療
鼻みずを抑えるための抗ヒスタミン薬や、鼻の通りを良くするための粘液溶解薬を用いた治療(対症療法)が中心になります。急性鼻炎は、きちんと治療すれば、通常は数日間で治癒します。小児の場合は、喉の奥に鼻みずが流れていく後鼻漏になりやすいため、鼻みずをよく吸引することも大切です。ほかには、症状に応じて解熱剤や抗生物質などが処方されることもあります。

慢性鼻炎

慢性鼻炎には2つのタイプがあり、単純性鼻炎と肥厚性鼻炎に分けられます。単純性鼻炎は、粘膜が赤く腫れた状態が続くタイプです。肥厚性鼻炎は症状が長引いたことで、粘膜が厚く硬くなってしまったタイプです。

症状
鼻づまり、鼻みず、および鼻みずが喉の奥に流れ落ちていく後鼻漏、鼻粘膜の腫れが主な症状です。鼻づまりは、単純性鼻炎の場合は片側のみ、あるいは左右交互に生じますが、肥厚性鼻炎の場合は両側の鼻づまりが同時に起こります。
検査
問診と視診(鼻鏡所見)です。これだけでは診断が確定しないことがあり、他に合併している病気が無いかどうかを調べなければなりません。副鼻腔単純X線検査やCT検査、皮内テストや血液検査などで、副鼻腔病変やアレルギーを調べ、そうした疾患が除外されれば、慢性鼻炎と診断されます。
治療
慢性鼻炎は治りにくく治療法としては、ステロイド薬の鼻への定期的なスプレーが効果的です。アレルギー性鼻炎を合併している場合には、抗アレルギー薬などの内服薬も併用します。
症状がひどく、鼻中隔弯曲症を合併している場合などには、鼻中隔矯正術と下鼻甲介切除術を組み合わせた手術が有効です。

アレルギー性鼻炎

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となる物質)を吸入することで、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を起こすのがアレルギー性鼻炎です。アレルギー性鼻炎(通年性)の原因は家の埃やダニの糞・死骸などです。ペットのフケやカビも原因となります。花粉症、アレルギー性鼻炎の一種です(季節性)。

症状
アレルギー性鼻炎の症状は、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりが、その3大症状です。
検査
鼻炎の症状がアレルギー性かどうかを調べます。検査には問診、鼻鏡検査、血液・鼻汁好酸球(こうさんきゅう)検査などがあります。また、アレルギー性であったならば、何が原因(アレルゲン)になっているのかを調べます。
治療
アレルギー性鼻炎の症状を軽くするには、とにかく家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなど、アレルギーの元にできるだけ曝されないようにすることです。こうした策を講じた上で、抗アレルギー薬の内服や鼻スプレーで症状を抑えていきます。

副鼻腔炎

鼻の副鼻腔という場所に炎症が起きる病気です。風邪の症状に続いて細菌感染が副鼻腔に起こり発症します。

症状
鼻みずが絶えず出てきてよく鼻をかむ、鼻がつまっていて、口で呼吸をしている、いびきをかく、においがわからない、頭痛がする、などがあります。
検査
鼻鏡検査・内視鏡検査、X線検査、細菌検査などを行います。
治療
薬物療法や、抗生剤の入ったネブライザー(吸入器)などを使った処置、また排膿洗浄を行います。排膿洗浄とは、副鼻腔に溜まった膿を排出し、副鼻腔を洗う方法です。鼻から上顎洞に特殊な針を刺して膿を吸引した後、生理食塩水などで洗浄します。こうした治療をしても治らない場合は、手術を行うこともあります。

鼻出血

検査
鼻の中をよく観察し、どこから出血しているのかを確認します。鼻の奥からの出血の場合、鼻腔用ファイバーを用いて出血部位を確認します。血液検査などを行うケースもあります。
止血方法
鼻出血の大半は、キーゼルバッハ部位という場所からのものです。キーゼルバッハ部位は、鼻に指を少し入れた時に指先が内側(鼻中隔)に触れる部分です。この出血を止めるには、親指と人差し指で小鼻をつまんで圧迫するのが、簡単かつ効果的です。
※鼻血が命にかかわるようなことは滅多にありませんが、出血がなかなか止まらなかったり、それが大量だったりした場合、また鼻血を頻繁に繰り返すようなら、耳鼻咽喉科を受診してください。
※成人の鼻血の原因で、問題となるのが高血圧や抗凝固療法を受けている方です。内科との連携が必要になることもあります。

鼻中隔彎曲症

鼻の穴を左右に分けている壁(鼻中隔)が、極端に曲がっている状態のことです。

症状
鼻がつまる、いびき、においがわからない、などの症状が出ます。頭痛、肩こり、注意力の減退、鼻血などの症状が出ることもしばしばです。アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎があると、そうした症状はさらに強くなります。
検査
鼻鏡で鼻の中を観察します。内視鏡検査やCT検査が行われることもあります。
治療
鼻づまりなどの症状がひどい場合は、鼻中隔矯正手術を行います。鼻中隔矯正手術では、曲がっている鼻中隔の軟骨・骨を取り除き、まっすぐに矯正します。

嗅覚障害

鼻が利かなくなる疾患を嗅覚障害と言います。

症状
においが感じられない、異様な臭いがするなど。
検査
原因を調べるために問診、内視鏡検査、画像検査などが、また嗅覚障害の程度を調べる嗅覚検査などが行われます。
治療
原因によって、治療法もそれぞれ異なってきます。
嗅覚障害は原因によって、呼吸性、嗅粘膜性、混合性、中枢性の4つに分類できます。
呼吸性は、においの分子が嗅粘膜というセンサーまで届かない状態で、鼻づまりやアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などが解消されれば嗅覚は戻ります。嗅粘膜性は風邪ウイルスなどによって嗅粘膜、つまり、においのセンサー自体に障害が生じている状態です。ステロイド剤の点鼻や漢方薬などの薬物で治療しますが、回復しないケースもみられます。混合性は呼吸性と嗅粘膜性が同時に起こった場合です。中枢性は頭部外傷などによる神経損傷が原因で、現在のところ、有効な治療法は見つかっていません。